Never Say Die!!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
SERIES11 Isaiah's paper
SERIES11のIsaiahの新聞!です!!
※翻訳はほとんど意訳&自己解釈です。
※所詮学生の訳なので間違いがあるかと思いますが、あしからず。
===========================================
【死亡日】
1929年10月29日 9:05am


【帯ポエム】
Delivering his papers,
This one's a little prophet.
With tomorrow's news today,
And a raging bloody head split.

彼の配達する新聞は小さな預言者
本日の"明日のニュース"は血濡れの頭部から、激しい血飛沫が降るでしょう


【死亡証明書】
They found this paperboy's limp body,
His bicycle en route but quite shoddy.
A car left behind a twisted gory wreck,
Papers did fly, crushed skull, broken neck.

この新聞配達の少年の遺体は
彼の自転車、それも粗末な物の隣で発見された
轢き逃げされた彼の遺体は捻じ曲がり、血塗れで
新聞は飛散し、頭部は破裂そして首が折れました

===========================================
20140417150428.jpg
帯!11は緑がテーマなんですよねぇ…敷紙も緑です

【新聞】

20140417150609.jpg

「新聞配達の少年が明日、死体で見つかるでしょう!」

イザヤという新聞配達員の少年が明日、死体で見つかるでしょう。彼の遺体は、車との交通事故のため道路上に、彼の自転車の隣にぐったりと横たわっていた。皮肉にも彼を撥ねた車は新聞会社”Rotting Register's”の所有するものであった。逮捕者は今の所存在しないが、殺人事件の疑いがあると記者は感じています。


イザヤを撥ねたのは、自分が配達している新聞の会社の車だったという…
そしてまさかの過失事故ではなく他殺疑惑!なぜこのような貧乏…?らしき子供が殺されなければならなかったのか!気になる!!
-----------------------------------------------
「死体の人形が死神を遠ざけている」

リビングデッドドールズの持つ相互作用によって我々から死の危険を減らし、毎日を素晴らしいものにする、という新しい研究結果が将来明らかになるでしょう。Dr.デドウィンの公聴会”死者と親しい者は救われる”は明日、予定されている。
-----------------------------------------------
20140417150555.jpg

「相棒は死人??」

グラトニーとシッツォは完璧なルームメイトです。グラトニーは「ピエロは食べれないんだ。だって変な味がするから!」シッツォも同意して「僕は人を笑わせることが好きで、そしてその瞬間に人を殺すことが好きなんですよ。グラッツは絶対笑わないんだ。だっていっつも口の中に食べ物がいっぱいだからね

ぐぐぐグラッツ…??まさかの愛称で呼んでる系なの…?シッツォさん。

20140417131256.jpg
バディって!

20140417134528.jpg
腹チラ
------------------------------------------------

20140417150636.jpg
「ショーは続行しなければ…」

とある故人のパフォーマーが最低限のプロ意識として考えている事です。将来有望な脱出パフォーマーであるヴィンセント・ボードが約2年程前に自身をトランクの中にに閉じ込めました。彼の死因は窒息死でした。しかしながら、ボード氏は毎夜このショーをやめることはありませんでした。「我々が彼の遺体を発見した時には、それはもう酷い悪臭がしましたよ!」とI.C Dedfolk氏。彼はこの劇場”Deadfolk theater ”の経営者です。死亡したボード氏が入っていたトランクは、小道具置場に置かれていました。しかしDeadfolk氏によると、トランクは第一月曜日にステージの上で発見されたといいます。「第一月曜前の日曜日の夜は、彼の通常公演の日です!」Deadfolk氏が主張する。「まるで彼がショーをするみたいに!私は日曜の夜にそれを閉じてしまい、月曜日の朝に劇場に来た時にはそれはステージの上に有り、鍵はかかっておらず開いていました!中には腐臭のする男の子が!私達は何度もトランクを閉めましたが、彼は出て戻って来ました劇場の景気が徐々に悪くなってきたので、我々はこの事件を有声映画にすることを決定しましたが、それについて話すべきことではないでしょう。目下我々は閉じ込めているので、それは一人も傷つけることは出来ないと思いますがね。」ヴィンセント・ボードのトランクはロバート氏によって購入されました。
------------------------------------------------
本当に途中で意味分からなくなったので…挫折しましたあははは…
誰か私に英語、教えてください…

新聞の持ち主であるイザヤ氏よりもページ多いですね!!不憫だイザヤ、だがそこがかわいい
ヴィンセント君は2インチフィギュア化もしますし、なんだか愛されてますねぇ…
------------------------------------------------
20140417150706.jpg
「呪われた誕生日」

吐くまでパーティ!それは小さな子どもがしでかした事件
でも本当に恐ろしいのは、彼女は何年も前に死んでいるのにも関わらず、戻って来るという事

------------------------------------------------

新聞訳している途中、電子辞書が壊れてしまってもう大変でしたー…。そしてショック。まぁ、中高校生用から新しい辞書に乗り換えるきっかけを作ってくれてありがとうと思うことにします!あ、私事ですが大学生になりました。語学に力を入れてる系大学の国際的な学科になんとか拾って頂けたのですがね、全然訳せなくてダメですねぇ…はは。卒業までにはスラスラ完璧に訳せるようになりたいですわ…

847105440.jpg
お人形座り!かわいい

846850866.jpg
死にました
日付がちゃんと28日!





スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。